FC2ブログ

子育てについて思うこと

子供を産むということ
02 /22 2018
私にはまだ子供はいないのだが、子育てについて思うことは多々ある。
例えば、虐待や育児放棄についてはその親に対して同士て子供を作ってしまったんだろうって思う。
なんとなくテレビで見ているだけでも子育て事情の忙しさやしんどさは伝わってくる。
そういう情報をしっかりと受け止めて、自分たちがそういう場面に追い詰められそうになった時にどう対応するかあらかじめ考えておかなかったのかと疑問に思うのだ。
子供が私たち大人ないしは親の言葉を理解できるはずがないのだから、自分のもい通りにいかないからって手を出すのはまるで小学生でも見ているかのような気持ちになる。
自分の不都合な場面に陥ると暴れて暴力でそ子から逃げ出そうとしているのだから、本当ン少額背のやることとしか思えない。
最近この手のニュースをあまり見ないから、少なくなっているのかも知らないけど
子供を産むのなら、金銭的な余裕以外にも、心と体の余裕も作っておかないといけないのではないだろうか。
自分の伝えたいことを理解してくれない相手とのやり取りが消耗するのはよくわかる。
私も仕事柄、人にものを教えることが多いのだが、教える相手は大抵新人や、その分野に無知な人間だ。
そういう人たちに必死に教えても、理解してもらうのにかなり時間がかかる。
しかし、ここでニュースの親のように相手を殴ったり、暴力で教え込もうとすると状況が悪化するだけである。
私だって腹が立つこともある。
必死に伝えて何度も同じミスをされるとイライラする。
でも、それをぶつけたところで何にもならないのだ。
そんなことは小学校を卒業していても分かるはずのことなのだが、どうやらこの親たちには分からないらしい。
なにも、心御余裕のない人間は子どおを作るべきでないといっているわけではない。
子育ての忙しさの中で段々余裕が無くなってくる人は大勢いるのだろう。
しかしだ。
忙しいといっても、それは会社で仕事をしているわけではないのだから、音楽やテレビ、スマホを触って気分転換することはできる。
心の余裕は無くなってきたときに補充すればいいだけなのだ。
私が言いたいのは、子育てでどんなに腹が立ったり、追い込まれても一度落ち着いて心をリフレッシュする方法を持っておくべきだということだ。


他にも、子供を育てる親ではなく、周りの人間についても思うことはある。
例えば、子供ができる男性社員が育休を要求してきたとき、渋い顔をする上司や会社。更には復帰後に厳しい状況におと知れる企業というのはいかがなものだろう。
現状の日本では、企業が子育てを否定しているとしか思えないのだ。なぜ子育てのための育児休暇を取ることがマイナスに働いているのだろうか。
そういう体制を作ってしまう会社の上層部は自らに子供ができた時には自分のペースで子育てに励んだりしているというのに打。
そうやって労働時間に縛られる現場を作っているうちは日本の企業も頭打ちなのかもしれないと、最近は思う。
本来、育児休暇は与えられるべき権利出会って、許可を得るものや不利益に働くべきではないもののはずだ。
それがどうしてこのような現状になっているのだろうか。
子育てしやすい環境を作るということは、少子高齢化に陥っている日本を救うことでもあり、悪ではない。
本当に悪とされるべきは、…。
と少し熱くなってしまった。
とにかく、育児休暇を面倒ナシに受けることができる世の中になればいいなあと思います。

スポンサーサイト

子供を授かったら家族にしてあげたい5つの事

子供を産むということ
02 /22 2018
こんにちは、精力剤を飲みながら妊活に励む40代サラリーマンです。
今回は、私と妻がもし子供を授かることができたら、家族にしてあげたいと思う5つのことをお話ししていこうと思います。
私が生まれ育った家庭は、父が厳しく不自由に感じることが多かったです。そんな私の経験も踏まえて、私に子供ができたらどう閲していこうかかんがえています。

1、妻を支えてあげたい
どうも育児や家事ときくと、奥さんがするものだと思っている男性は多いようですが、私は妻と仕事を分け合っていこうと覆います。
私の育った家庭では、家事や子育てはほとんど母の手のみで行われ、父は私や母に注意するだけで手伝うことはまずありませんでした。母はこのことに対して文句は言っていませんでしたが、大変辛そうだったのを覚えています。
だから、私は妻にそんな思いをさせたくないのです。

2、旅行に連れて行ってあげたい
私の育った家庭ではほとんど旅行に出かけることがありませんでした。
父は旅行に行く金があるのなら、もっと有効活用するというスタイルの方だったので遊ぶお金はあまりなく、ほとんど貯蓄されていました。もちろん、このことを否定するつもりもありませんし、私たち子供の将来をかが得ると今遊んでお金を使うより貯金した方が良いのも分かります。
ですが、幼い私はどうしても遠くの観光地に行ってみたかったので、私の子供にはそういった小見はさせてあげたくないのです。
幸い、妻も旅行好きですので、喜んでくれると思います。
ここにいて私が独身時代にためておいたお金が役に立ちそうです。

3、ゲームを買ってあげたい
私の家は遊びに使うお金が少なかったので、もちろんゲームなどありませんでした。
周りの友達はみんなゲームの話をしているのに、私だけ付いて行けなくて寂しい思いをしたのは懐かしい話です。
なので、私の子供にはゲームを遊んでもらいたいですね
もちろん、勉強を悪露襲下にされると困るので、どうにかバランスよくやってほしいのですが、その辺のやり方は子供が育っていく中で考えていきたいですね。

4、妻にプレゼントをしたい
今思えば、私の父が母にプレゼントを贈っていた姿を見たことがありません。母は父にはなにも文句は言わない人だったので欲しかったのかは分かりませんが。
ただなんとなく、私の中では父は母んことを大切にしていないという印象を持っていたので、私はそうはならないようにプレゼントや手伝いなど見える形でアピールしていこうと思います。
これを書いていて思ったんですが、私は自分の父のことが好きじゃないんですね。

居心地のいい家庭を作ってあげたい
やっぱり1番はこれですね。
私の父は起こる担当だったんでしょうけど、そのせいで父が仕事から帰ってくると一気に家の空気が凍り付きました。
父がいると仮定の空気が悪かったので、仕事で帰りが遅くなる日は喜んでましたね。
そういうのは嫌なので、家族みんながくつろげる暖かい家庭を作ってあげたいものです。

さて、まずは子供ができたらこの5つを目標に頑張っていきたいと思います。
とはいっても、まずは子供を作るのが咲きなんですけどね。
頑張ります。

サラリーメン

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。